ARTIST LINE UP

WITH ALSに賛同してくれた

アーティスト達が出演し、

LIVEパフォーマンスを通じて

「NO LIMIT, YOUR LIFE.」

のメッセージを発信。

ALSをはじめ、

さまざまなハンディキャップを持った方々、

そして全ての方に明日へのエールを届けます。

ARTISTS

MAIN STAGE

EYE VDJ MASA
EYE VDJ MASA

MOVE FES.総合プロデューサーで、難病ALS患者でもあるMasatane Mutoが、ALS発症後も比較的正常に機能を保つことができる眼球の動きに注目。メガネ型デバイス「JINS MEME」を活用し、音楽(DJ)・映像(VJ)を眼球の動きだけで同時にコントロールするシステム「JINS MEME BRIDGE」を独自開発。MOVE FES.2016で初披露し、SXSW(サウスバイサウスウエスト)やINNOVATION WORLD FESTA など国内外の音楽フェスやイベントにEYE VDJ MASAとしてパフォーマンスを行っている。

press to zoom
内澤崇仁(androp)
内澤崇仁(androp)

andropのVocal&Guitar。 2009年12月に1stアルバム「anew」でデビュー。 ジャンルレスかつ緻密なサウンドアプローチと、その傑出した音楽性でシーンに頭角を現す。数々の映画やドラマ主題歌を手掛けるなどその活動は多岐に渡り、内澤は楽曲提供も多く、Aimer「カタオモイ」やThe STROBOSCORP「アイオクリ」、上白石萌音「ハッピーエンド」等高い評価を得ている。

press to zoom
BRADIO
BRADIO

真行寺貴秋(Vo)、大山聡一(G)、酒井亮輔(B)からなるファンキーなバンドBRADIO。 『音楽って素晴らしい』を共有したい。 Are You Ready Funky Party People!!

press to zoom
HIFANA
HIFANA

KEIZOmachine!とジューシーにより、1998年に活動開始。 ライブでは、プログラミングやシーケンスをいっさい使用せずリアルタイムにサンプラーのパッドを叩いてビートを刻みスクラッチやパーカッションなどを乗せていく独特のスタイルの音楽と、VJによる映像が同期する演出を加えたパフォーマンスが特徴。一方、2003年よりリリースを続ける作品ではプログラミングやシーケンスをふんだんに使用した独自の世界観を持つHIFANAサウンドに、同時に全ての楽曲に映像(Music Video)を制作し発表するというリスナーの聴感視感、体中の五感を揺さぶる発表形態を打ち出している。

press to zoom
AFRA
AFRA

2004年、FUJI XEROXのTV-CMで一躍お茶の間の話題になったヒューマン・ビードボクサー。日本にヒューマン・ビートボックスを広めたパイオニア的存在。

press to zoom
KURO(HOME MADE 家族)
KURO(HOME MADE 家族)

1977年生まれ、アメリカ・シカゴ出身で12歳まで在住。ミュージシャン、アーティスト。 1996年、大学時代の友人だったMICRO、U-ICHIとHIP HOPユニット「HOME MADE 家族」を結成。ラップ、作詞、作曲、ハーモニカを担当。「サンキュー!!」「少年ハート」「サルビアのつぼみ」などヒット曲を多数リリース。 個人としても、槇原敬之との共作や、May J.、浦田直也(AAA)、福山潤(声優)らへ歌詞提供を行うなど、作家としての評価も高い。2016年の「HOME MADE 家族」の無期限活動休止に伴い、2017年からソロプロジェクトを始動し、新バンド「eNBAND」のMCとして活動中。また読書家としても知られ、開高健、沢木耕太郎、原田宗典、David Ritz、ピーター・ギュラルニックらを愛読し、本の口コミサイト「シミルボン」でコラム連載も担当中。2019年3月には初の著書「マン・イン・ザ・ミラー 〜『僕は』マイケル・ジャクソンに殺された〜」を刊行。 【公式HP】http://www.home-made.jp 【公式Twitter】@mckuro_1119

press to zoom
Sowelu
Sowelu

2002年FIFA日韓ワールドカップの テーマ曲「Let's get together now」で日韓合同ユニット「Voices of KOREA /JAPAN」に Chemistryと共に日本代表アーティストとして抜擢された後に「Beautiful Dreamer」でメジャーデビュー。 2015年9月から上演されたブロードウェイミュージカル 「RENT」ではメインキャストの「ミミ」役を担当する等、持ち前の表現力を生かした活動の幅は一層広がっている。

press to zoom
NOBU
NOBU

1988年生まれ、宮崎県小林市出身のシンガーソングライター。 2017年7月にリリースした「いま、太陽に向かって咲く花」は第50回日本有線大賞「新人賞」、第59回日本レコード大賞「新人賞」を受賞。 小林市の「ふるさと大使」にも任命され、その活動の幅は広い。 現在発売中のベストアルバム「スタートライン」を引っさげ7月3日にはワンマンライブをTSUTAYA O-WESTにて行う。

press to zoom

MC

プリシラ
プリシラ

アメリカと日本のハーフ。横浜市出身。幼少期はキッズハーフモデルとして活動。2012年、大学1年生の時にミス成蹊を受賞。アナウンサー事務所セント・フォース、スプラウトに所属。学業の傍ら学生キャスターとして活動。学生時代にはサッカーの試合を通して地雷原を除去するNPO団体グローブプロジェクトに所属し、サッカーの試合の開催、企画などに取り組む。中学生の時に始めた楽器ファゴットを今でも趣味で続けており、大の音楽好き。卒業してからはセントフォースで本格的に女子アナとして活動を始める。お天気、競馬番組、ラジオ番組DJ、司会業やインタビューなど多彩に担当。

press to zoom
平野裕加里
平野裕加里
press to zoom

SPECIAL PRESENTOR

渡辺華奈
渡辺華奈

総合格闘家。FIGHTERS FLOW 所属。RIZIN 及び DEEP JEWELS(今だ無敗記録更新中)。強豪ヤスティナ・ ハバ(ポーランド)に勝利し、国内人気名実ともに トップアスリートの杉山しずかを二度に渡り撃破す るなど離れ業をこなす。

press to zoom
細川バレンタイン
細川バレンタイン

第 40 代日本スーパーライト級チャンピオン。 角海老宝石ジム所属、強敵デスティノジャパン(ドミニカ五輪代表で世界ランカー) を相手に KO で初防衛を果たし、続く二度目の防衛でも1ラウンド KO という離れ業をこなす。 初防衛戦に集中するために、ついに長年働いていた金融機関を退職し見事勝利し、二度目の防衛を見事1RKO で飾る。今後は世界を見据えてボクシング一筋の道を歩み始めた。

press to zoom

ISLAND STAGE

東京月桃三味線
東京月桃三味線
press to zoom
SARO(TAP)
SARO(TAP)
press to zoom
RAID BOY
RAID BOY
press to zoom
蜻蛉 -TONBO-
蜻蛉 -TONBO-
press to zoom
DJ MIYU
DJ MIYU
press to zoom
moe
moe
press to zoom
MES
MES
press to zoom